【肌が弱い】目元の乾燥小じわ対策

乾燥小じわを消すには「肌質を強くする」だけです

肌が弱くて乾燥小じわがドッと出てきた。

保湿しているけど効かない。もっといい化粧品はないのか?

実は、肌質が弱い、敏感肌だと乾燥小じわは消えません。保湿しても効かないんです。

理由は、角質が弱っているから。乾燥小じわ原因は角質層の水分不足なのですが、肌質が弱いと水分を蓄えられないんです。だから保湿してもすぐに水分が逃げちゃう。

つまり、肌質が弱い人は、肌質を変えてあげないと乾燥小じわは全然消えないんです。

乾燥小じわは肌水分量維持ができれば消える

なぜ乾燥小じわができるかというと、角質層がまともに水分を維持できず、すぐに手放してしまうからです。

綿100%のシャツってすぐにシワになりますよね。でも水で湿らせればシワが分からなくなるでしょ?それと全く同じなんです。

洗顔後やお風呂上がりは乾燥小じわなんて目立たないですよね?要は、肌水分量維持ができれば乾燥小じわなんてできないんです。

乾燥小じわが発生する原因と仕組み

乾燥小じわは単純に肌の乾燥が原因ではありません。

肌質が弱い人は保湿しても乾燥小じわが消えません。その理由がまさしく弱い肌質にあります。

肌質が弱い=キメが粗い=水分蒸発し放題

肌質が弱い人の肌をマイクロスコープで見ると、健康な肌よりキメがかなり荒れ気味です。

キメが粗いというのは角質細胞の形が揃っていない。バラバラな大きさで成長しており不揃いな状態です。

この状態になると角質細胞同士がパズルのように隙間なくハマりません。そのため大きな隙間がたくさんできます。

水分は肌奥からにじみ出てきますが、それが素通りしてしまうため肌水分量が保てません。

同時にこれは刺激に弱くなります。

穴だらけなので刺激も外から通り放題。肌質が弱い敏感肌の人は乾燥小じわができやいんです。

肌質が弱い=セラミドが作られにくい=水分を保持できない

肌質が弱いと刺激にも弱いと書きました。

肌質が弱いとささいなことで肌がピリピリしますよね。その刺激は何ともないようで、実は肌の奥で微弱炎症を起こしています。とても弱い炎症なので、肌が赤く荒れたようには見えません。

肌が炎症するとセラミドを作る酵素が働きにくくなります。そのためセラミド不足になります。

角質層の水分。まさしく乾燥小じわができるかどうかの水分は、このセラミドでほとんど保持されています。

セラミドが少ないと油分と水分の層が貧弱になるため、バリア機能も低下してしまい刺激に弱くなります。

つまり、肌質が弱いということはセラミド不足。セラミド不足ということは水分不足。水分不足ということは乾燥小じわができるということです。

肌質が弱いとこれはイマイチですよ「乾燥小じわ対策」

肌質が弱いのを改善する。この対策がそのまま乾燥小じわを消すことになります。

乾燥小じわを消すためには必要なケアは限られています。

化粧水たっぷり or コットンパック

乾燥小じわは洗顔直後や風呂上がりには目立ちません。なぜなら肌表面が塗れているから。

でもその濡れた水分は1時間も持たずに蒸発します。

なら化粧水でたっぷりお肌に水分を補給すればいい!ということで、乾燥小じわに対してたっぷり化粧水使用、もしくはコットンに染み込ませてパック。

確かにやった直後からしばらくは乾燥小じわが消えます。でも朝やって夕方まで持たないですよね?

これには2つ理由があります。

セラミドが少ないから水の行き場所がない

肌質が弱い=セラミド不足。化粧水で水分を供給しても、その水分をキャッチするセラミドがないと水分は行き場所がありません。

行き場所がない水分は当然蒸発します。

その際に元々肌にあった水分もくっついて蒸発します。お風呂上がりに急激に乾燥するのと同じ仕組みです。

化粧水の「水」は肌の「水」とは別物

化粧水の水分で肌の水分補給ができると信じられていますが、皮膚科学的には少し違います。

肌の水分は結合水という性質がありますが、化粧水の水分はいわば普通の水。

肌に浸透しても実際の肌の水分とは性質が違うため、実際にそのまま肌の水分となるわけではありません。だから安定せず蒸発していまします。

海外では化粧水を使いません。日本人くらいと言われています。日本人は肌が綺麗だと言われますが、これは人種によるもので化粧水を使っているからというわけではありません。また水道水が海外では硬質なため乾燥しやすいというのもありますね。

イオンスチーマー・ホットタオル

確かに肌がしっとりして実感がスゴイのですが、肌質が弱い人がやると逆効果なんです。

これは化粧水過剰使用とも共通するのですが、無理に水分を肌に供給すると、あるデメリットが起きます。

分かりやすく言うとお風呂でふやけた指の先です。

長風呂しすぎると指先が白くふくらみますよね。あれって肌に水分が浸透しすぎて角質細胞が膨れ上がった状態です。あれを繰り返すと指先の皮膚が剥けたり、カサカサしてスマホが反応しなくなる指先乾燥肌になります。

これがイオンスチーマーやホットタオル、また化粧水過剰使用で起こりえます。

実際にふやけるほどになりませんが、毎日繰り返していると次第に角質細胞の細胞壁が弱ってきます。そのため角質細胞内で水分を蓄えているNMF(アミノ酸など)も流出しやすくなり、より肌が水分を保持できなくなります。

健康な肌の人なら大丈夫ですが、肌質が弱いと角質のキメが元から粗く、角質細胞自体も弱くなっています。そのため余計に肌質が弱くなったり、なおさら乾燥小じわが目立ってしまう可能性があります。

クリームやオイルの塗り重ね

乾燥小じわは角質が縮み上がった状態。水分を与えれば消えますが、油分でも目立たなくなります。

ただこれは根本解決になりません。

化粧水よりクリームをしっかり塗ったほうが乾燥小じわが目立ちません。でもこれは油分などの成分が乾燥小じわの間に埋まっている、いわばコンシーラー状態。決して乾燥小じわが改善したわけではありません。

毎日しっかりクリームやオイルを塗ることで乾燥小じわが目立ちません。だからその見た目効果のためにやめられない、もしくはさらにクリームを重ね塗りしてしまう人がいます。

でも肌質が弱いとこれもマイナスです。

クリームなどは塗りすぎると肌トラブルの元です。特に肌質が弱いと油分成分に肌が負けやすいからです。

クリームに含まれる界面活性剤(乳化剤)は通常問題ありませんが、肌質が弱く、かつ使用量が多いと影響が出る可能性があります。

肌質が弱い人が実感できる乾燥小じわ対策

肌質が弱い人はいろいろ制限があります。でも難しいことではありません。

朝は洗顔料を使わない

肌質が弱い人は既にそうしている人が多いかもしれませんが、朝は洗顔料を使ってはいけません。

洗顔料に含まれる洗浄成分は脱脂力があります。セラミド自体が油性のためさらに水分保持力が低下した状態で一日が始まるからです。、キメが粗い肌だとなおさらこの影響を受けやすくなります。

朝も洗わないと不安という人がいますが、それは完全に勘違いです。

朝は夜に付けた古くなった保湿剤を落とすだけで十分。寝ている間に日中ほどの排泄はありませんし、皮脂量も少なく、外のホコリやチリをくっつけてドロドロになることもないかです。水かぬるま湯で十分です。

夜も洗顔時間は半分が目標

基本的に女性は洗顔時間が長すぎです。肌を綺麗にしないとという思いが長くしてしまいます。

今の洗顔時間を半分にしても肌の汚れは十分に落ちていますし、それでトラブルになることはありません。むしろ洗いすぎることでセラミドが減り、肌が乾燥して小じわができてしまいます。

洗い上がりは突っ張っていないから洗いすぎじゃないと言う人もいますが、それは勘違いかもしれません。

洗顔用の石鹸・フォームには潤い成分が入っていることが多く、特にそれが多い、肌に残りやすい成分の場合は、洗い上がりがヌルっとした潤いを残します。そのため突っ張っていないと感じるのですが、肌に残った潤い成分によって素肌の突っ張り感に気づいていないだけです。

逆に赤箱などの牛乳石鹸で洗顔している人は、少しでも洗いすぎると突っ張ります。だから自然に洗顔時間が短くなります。

一部で牛乳石鹸が一番肌が綺麗になると言われているのは、洗いすぎないからというのがあるんです。

化粧水よりセラミドクリームか美容液

肌質が弱いなら化粧水は使わないほうがいいくらいです。使うべきなのはセラミドクリームかテクスチャーが濃いめの美容液。

肌質が弱い人なら吸い込まれるように肌に入っていきます。

人工的なセラミドですが、ヒト型となっているものは肌なじみがよく安定します。そのためセラミド不足を補うことができ、肌の水分保持力を高めることができます。また刺激にも強くなり、肌のターンオーバーを正常に整えることができます。

これらにより肌質が強く改善していく可能性があります。

事実、皮膚科で紹介される基礎化粧品の類はセラミドコスメです。肌弱くて乾燥しやすい人に薦められています。

化粧水でない理由は、セラミドが油性なので水にあまり溶けないからです。また、夜にセラミド保湿して朝に洗顔をする際に、補ったセラミドが身代わりで流れ出してくれます。そのため肌のセラミド減少を実質的に抑えることができ、日中に浮いてくる乾燥小じわを予防することができます。

セラミドクリーム・美容液で定評があるブランド

トリニティライン ジェルプレミアムクリーム

大正製薬グループの濃厚なセラミドジェルクリームです。

セラミドだけでなくヒアルロン酸やNMFなど保水に関わる成分を配合。水を一滴も使わないため濃度が高くこってりしつつも、ベタつきがなく嫌なテカリが残りません。

肌質が弱い敏感肌の人のパッチテスト協力で実験済みです。

アトピスマイル

特に肌が弱い人を対象に入れた、誰でも使えて肌質を変えられることを目指した製品。刺激性の無さで安心感のあるライスパワーエキスNo.11を、さらに安心して使えるように牛乳ガゼインなどアレルギー性物質も排除。肌が安定しない赤ちゃんやお年寄りも使えるほどです。

安全性にこだわると物足りなくなるのが普通の保湿クリーム。でもアトピスマイルはライスパワーエキスNo.11が主成分でその心配がありません。目元の薄い皮膚を引っ張らずにスーッと伸ばせて、数回だけのタッチで完了。できるだけ肌に触れず、最大限セラミドを増やすケアができる他にはない機能性クリームです。

メニュー

Copyright (C) 2017 【肌が弱い】目元の乾燥小じわ対策 All Rights Reserved.