【肌が弱い】目元の乾燥小じわ対策
  1. トップページ
  2. 乾燥小じわになぜセラミド?肌が弱い人に最も足りない成分です

乾燥小じわになぜセラミド?肌が弱い人に最も足りない成分です

皮脂は肌のバリア機能、つまりワセリン効果を発揮しますが、ワセリンほど厚い被膜じゃないのでバリア効果は低いです。

それに対して細胞間脂質のバリア機能は強力。

なぜかというと、セラミドがあるからです。

セラミドは水と脂質の層を交互に重ね持つ性質があります。これが角質層に行き渡ることで、水と油のバリア層を作ります。

水溶性、油溶性という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、水に溶けやすいか油に溶けやすいかという意味。

水溶けやすい成分は油に弾かれます。逆もそう。

つまり、セラミドが肌にたくさんあると、肌の外から入ってくる微細な異物に対して、水溶性でも油溶性でもブロックできます。

しかし、肌が弱い人はセラミド不足で、どうしても隙間があるため異物が侵入しやすくなっています。そのため何もしていないのに肌が荒れる、買い替えた化粧品で肌が負けるということが起きます。

そして…

このセラミド不足が乾燥肌の原因なんです。肌水分量の60%以上はセラミドが維持しているとされています。

セラミドが少ない → 乾燥する → 小じわができる
セラミドが少ない → 水と油のバリア層が貧弱になる → 刺激を受けやすく肌がよく荒れる

こういうこと。

だから乾燥小じわを解消したいなら、乾燥がどうだこうだと言う前に、セラミドを増やさないと全くダメということ。

さて、今まであなたがやってきた保湿ケアは、このセラミドを増やすケアだったでしょうか?というのが問題です。

メニュー